スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッグのかぶり方

現在ではおしゃれ用のウィッグが販売されていて誰でも気軽に使う事ができるようになりました。
商品によってはすでにセットされているウィッグがあるので
私たちは被るだけでいいものもありますが、
初めてウィッグを使う人はかぶり方がいまいち分からないという人も多いんじゃないでしょうか?

ウィッグはかぶり方さえ分かれば後は慣れるだけですが、
最初は手こずってしまうものなのでかぶり方を確認しながら少しずつ慣れていきましょう。

ウィッグを被る時はまずウィッグネットというものを首まで下ろして
太いゴムがある方を生え際部分まで持っていきます。

スポンサードリンク


そして自毛をネットの中に綺麗に入れててっぺんをピンなどできっちりと止めます。
髪の毛をネットの中に入れる事が出来たらいよいよウィッグを被ります。

まず、片方の手で前髪の部分を掴んで自分のおでこのラインに合わせて当てておきます。
そしてもう片方の手でウィッグの後ろの部分を掴んでウィッグを被ります。

この時、ネットをしっかりとピンで留めていなかったりすると崩れてしまうので気を付けましょう。
また、髪の毛が長い人の場合はボリュームも多くなるのでなかなかウィッグの中に髪が入らなかったり、
頭が大きくなってしまう人もいますが、そういう場合は自毛をどのようにしてまとめるかなどを
いろいろ試してみると自分に合った方法を見つける事ができると思うので何度か試してみてください。
かぶり方自体はとても簡単なので、後は慣れるまで何回も被ってみましょう。

スポンサードリンク


theme : ヘア・ケア
genre : ヘルス・ダイエット

フリーエリア

  • SEOブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。